+RECOMMEND
ファイナルファンタジーXII(特典無し)
ゲット
+RECOMMEND
ゲームセンターCX DVD-BOX
欲しい!
+RECOMMEND
ガラクタ通りのステイン 「エピローグ ディレクターズカット」
ステインかわいい
+RECOMMEND
ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島
チョッパー
+RECOMMEND
LOOSER 失い続けてしまうアルバム【ASBY-2760】=>18%OFF!LOOSER 失い続けてしまうアルバム
良いです
+RECOMMEND
【PS2】大都技研公式パチスロシミュレーター 吉宗
おうちでやりましょう
+RECOMMEND
バトル・ロワイアル 【DSTD-2017】=>18%OFF!バトル・ロワイアル
見た?
楽天トラベル
楽天市場
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< めちゃ2イケてるッ!【7月31日放送】 | TOP | パブロン婆さん >>
●スポンサーサイト●

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | ↑このページの上へ↑
●ゲームセンターCX【フジテレビ721】●
CSのフジテレビ721で、過去に数回放送していたゲームセンターCXを、この前1日で一挙放送していた。

よゐこ有野がメインで、いろんなゲーム会社を訪問し、古いものから新しいものまで、ゲームについていろいろ話を聞く、という番組だ。

以前も見たので何となく流れで見てみる。

流れで見てたのだけど、今回書くのはどうにも目に留まった5回目の放送の【桃太郎電鉄編】。

桃電は結構はまって全シリーズやったので、懐かしい。基本的にRPGや推理物、ボードゲーム物は好きなので。

桃電好きなら誰もが知ってる「さくま」がインタビューされてました。
「桃太郎伝説」の方も少し喋っていたのだが、こっちもやったので、興味深い。結構よく出来たRPGだったと思うけど。面白かったし。
最初3ページの企画書から始まったそうで。
でも企画書って普通どのくらい書くのかいまいちピンと来ないので「へー」って感じだったけど。

あの「さくま」がドラクエの「堀井雄二」とお友達だったとは知らなかったです。「桃太郎伝説」を作るのに、結構アドバイスもらったらしい。

そして桃電はなんと、さくま達が会社で(少年誌ジャンプの編集部)模造紙に書いて遊んでたものを、書いて遊んでるのが大変になってきたのでハドソンに作ってもらおうという事になった、というのが始まりらしくて「ほー」とうなりました。

あんなにはまったゲームは元は模造紙だったのか・・・。

もちろん、プレゼンも模造紙で「こんなゲームです」でOKになったらしい。はー。

そしてあのゲームのモデルは、かの有名な西武の会長堤義明だとか。はー。

この人、ちゃんといろいろな土地へ実際にしょっちゅう行って情報を仕入れてるらしい。
そしてその土地を気に入ると、ゲームの中でも良い待遇、気に入らないと「赤マス」になる可能性が高い、だとか。

名産品の選ばれる基準も、自分が美味しいと思ったものを使い、まずいものは使わないと言う。もしくは「名前」が面白い名産品(笑)。

「さくま」面白いっす。一見、小さな下町の工場の社長、ってイメージなんだけど、結構マルチな人で、いろんな職業に就いたり、いろんな事してます。やっぱり何かしでかす人ってのは違うんだなぁ。

ちなみに鳥山明も友達らしい。

桃電に、ほとんど外国が無いのは、「さくま」が飛行機に乗れないかららしい。要するに取材に行けないからだな。自分が見てないところは入れ込まない!何て素晴らしい!(?)ちなみにちなみに、ハワイなどがあるのは、桃電音楽担当の、サザン関口が、半分ハワイ在住なので、彼の情報提供から作られてるらしい。

っていうか、ハワイ在住だったのか。現地人化してますよね、風貌とか。

ウンチネタにも触れてました。結構長めで(笑)。

「ぺぺぺマン」は「ペプシマン」を言い間違えた部下の名言をそのまま採用した、だとか。
「ペプシマン」を「ペペペマン」って・・・。

少し、ハドソンコレクションもやってました。
懐かしいゲームがいっぱい。

「ナッツ&ミルク」「ロードランナー」「バンゲリングゲイ」「チャレンジャー」「バイナリィランド」「ボンバーマン」「忍者ハットリくん(これ実はかなりやり込んだ)」「高橋名人の冒険島」「ドラえもん(これどうにも面白くなかった)」「スターフォース」と全部やった事あるものばっかりだ。実に懐かしいが、年を感じる・・・。

後半、「スターフォース」をやってる有野のところに、連射名人の「高橋名人」が訪問して、連射を伝授していた。しかしかなり年を取ってたけど、まだまだ連射技術は衰えておらず。恐るべし名人。


桃電オンライン化の話もしてましたけど、まだ少し先のようです。

最後に毎回誰と会っても聞いている、有野からの質問「あなたにとってゲームとは」の質問に「さくま」
「生活そのもの」と答えていた。
しかし最終的にはいろんなものを吸収して・・・「ゲームとはウンチかも」と答えていた。あっぱれ「さくま」


有野が最後に「実はすごく呼び捨てにしたかった。『さくまや、さくまや!!』と言いたかった。」と言っていたが、実際はもちろん言っていなかった。私はこのブログでかなり「さくま」と呼び捨てにしてしまった。「さくまあきら」さん、すいません(笑)。

でも私の中ではやっぱり「さくま」なのだもの。
| スカパー/チャンネル | comments(1) | trackbacks(0) | ↑このページの上へ↑
●スポンサーサイト●
| - | - | - | ↑このページの上へ↑
どうでも良いツッコミだけど、
バンゲリング「ベイ」です。
ゲイって・・・

ハ〜〜ドソ〜〜〜ン!!
Posted by かわとも at 2004年08月10日 17:01
おーん?



あ!!ホントだ!!間違ってる!!!!!!
きゃー。はずかしー。
見つかってから直すのも癪なのでこのままにしとこ(笑)。
Posted by でこ at 2004年08月11日 01:01
なつかしいですねえ。桃太郎電鉄、面白かったです。スターフォースは初めてやったTVゲームかな?あ、その前にハッスルチューミーと言うのをやったかな?あのころは目に悪いとかテレビが悪くなるとかいわれててすこし罪悪感を感じながらやってたものですけど、すっかり市民権を得てしまいましたねえ。「懐かしの」というテレビ番組に取り上げられるようになるとは。高橋名人は子供心には、あほかこの人、と思っていたのですけど、今は凄い人だよな、と思ってます。あぁ、懐かしいなあ。
Posted by HIRO at 2004年08月11日 03:40
桃電、実は今でも新しいのが出たら買って、ちょいちょいやってるのですがねー(笑)。
さすがに昔のように1人でコンピューター相手に99年を何度もプレイするってことは無くなりました(笑)。

ハッスルチューミー、初めて聞きました!!
どんなゲームだったのだろう。
結構似非ゲーマーのつもりなのだけどなぁ・・・(笑)。

高橋名人は、今となっては本当にすごい人だと思います。
すごいっていうか何ていうか・・・(笑)。
Posted by でこ at 2004年08月11日 04:23
ハッスルチューミーって、もしかしてセガの??
感じとしてはロードランナーチックだったような。
記憶違いか。
Posted by かわとも at 2004年08月11日 15:04
そうです。セガです。

http://gyo.hp.infoseek.co.jp/soft/every/hustlec.htm

画面上のえさを集めるパックマン系のゲームです。でも敵の頭上をジャンプして逃げたり、えさを集めるにつれて動きが遅くなったり、と楽しいアイデアが入っていたと思います。
決してメジャーではありませんでしたが、お気に入りのTVゲームです。
Posted by HIRO at 2004年08月11日 22:08
わー。全然知らないー。見てもわからないー。
うーん。敗北感(笑)。
Posted by でこ at 2004年08月12日 02:21
| コメント一覧 | 2006/01/29 3:56 PM |









http://deko-pachi.jugem.jp/trackback/133